“建物の寿命を一年でも永く…”

これは、建物のオーナーにとって、永久不変のテーマです。

建物の屋上や外壁は過酷な環境条件に晒されて、経年と共にさまざまな劣化が現れてきます。
それは雨漏りによる天井や壁のシミなどだけではなく、鉄筋を腐食させ
コンクリートにひび割れが発生したりと、建物をじわじわと劣化させていきます。
建物の寿命を延ばすには、定期的な点検を欠かさないことが重要なポイントです。

建物の外観

古くなった建物を壊して新しく建て直すスクラップビルドから、今ある建物を効率的にリフレッシュする改修・維持保全への意識改革…。当協組はそのようなニーズに組織的にお応えできる改修専門の工事会社グループです。建物改修に関する、有効性・経済性・安定性・美装回復など、実績と経験から蓄積したノウハウにより、調査・診断から設計・施工・監理までの一環システムを確立しています。

“地域に密着”、“地域に貢献”を協組員企業のポリシーとして、常に時代の一歩先を見つめ、お客様の立場で改修を考えます。建物の改修ならびに維持保全に関して、どうぞお気軽にお申し付けください。

組織概要 - 2019年11月現在 -

名称関東防水管理事業協同組合
代表理事有山幸治郎
本部所在地〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 南ウィング21階
TEL03-6837-8888
設立1987年(昭和62年)10月
(1985年7月 関東防水管理事業センター設立)
認可番号建設省 東経振発第289号
出資金52,800,000円
エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・新潟・長野・山梨・静岡
会員数正会員191社(176社 15事業所)
工事契約高
(2019年度)
15,722,489,120円

組織図 - 2019年11月現在 -

組織図