ウレタン防水とは?工法&工期・メンテナンスについて徹底解説

いくつかある防水工法の中でも、ウレタン防水は大小様々な現場で用いられる工法です。しかし、具体的な工程について知る機会はなかなかないでしょう。そこで、今回はウレタン防水工事について、特徴から基本の工程、メンテナンス時期の判断基準などを解説します。該当する物件をお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。


ウレタン防水とはどんな工事?

ウレタン防水とは、粘性の高い専用防水塗料を塗布することで防水層を形成する工法です。そのため、ウレタン塗膜防水と呼ばれる場合もあり、一般的には主剤・硬化剤の2液タイプ塗料を使います。これらは施工することでお互いに化学反応を起こして固まり、つなぎ目のない防水層に仕上がります。他の防水工法と比べると細かい部位や複雑な形状の場所にも施工できるため、屋上だけではなくベランダやひさしにも用いられます。そんな汎用性のあるウレタン防水工事には主に2つの工法があります。では、それぞれの特徴を紹介しましょう。

密着工法

密着工法は、下地にプライマー(塗料の密着性を高める下塗り材)を塗った上に、防水塗料を塗り重ねていく方法です。それぞれの防水メーカーが指定している塗膜厚さまで塗り重ねる必要があるため、塗布・硬化を繰り返します。防水層を分厚くして強化する目的で補強布を併用する場合もあります。

メリットは全面に塗布するため防水層がつなぎ目なしに仕上がることです。また、パラペットなどの立ち上がり部分にも施工でき、屋上に障害物が多い場合や小面積の場合でもフレキシブルに対応できる点が特徴です。しかし、下地に直接塗布するため、下地の影響を受けやすく、劣化がひどい場合は事前に下地調整工事が必要になります。この作業を怠ると防水層の膨れやひび割れの原因になり、通常の耐久性・防水性を維持できません。したがって、5年前後でトップコートの塗り替えを行うことが望ましく、ランニングコストがかかります。

通気緩衝工法

通気緩衝工法とは、通気性を確保できる緩衝シートを既存下地の上に敷き、その上にウレタン防水材を塗布する工法です。こちらも密着工法同様に防水層につなぎ目はできません。国土交通省などの官庁始め、多くの公共施設にて施工されています。平場全面に通気緩衝シートを敷くため、下地の影響を受けにくいという点が特徴です。また、下地コンクリートに含まれた水分がもたらす防水層の膨れも防いでくれます。既存防水層の上から重ねて施工することができるため、改修工事に用いられるケースも多いです。ただし、シート下のにこもる湿気を逃すための脱気筒を設置する必要があります。


工法を選ぶポイントは?密着工法と通気緩衝工法の違いは?

まず前提として知っておいていただきたいのは、基本的には密着工法と通気緩衝工法のどちらを選定するのかは施工会社の役目であるということです。しかし、施主様も基礎的知識を理解しておけば、適正な工法・工事金額を見極められスムーズに打ち合わせを進めることができます。そこで、ここでは工法選びのポイントについて紹介します。

  防水層の構成 耐久性 コスト 施工に適した場所 施工に適さない場所
密着工法 既存下地
プライマー(下塗り材・下地調整)
ウレタン塗膜+補強布
トップコート

安価
・複雑な形状の場所
・障害物が多い場所
・狭い場所
・ひさしやパラペット等
・下地の劣化が進んでいる場所
・湿気の多い場所
通気緩衝工法 既存下地
プライマー(下塗り材・下地調整)
通気緩衝シート
ウレタン塗膜+補強布
トップコート
※適宜脱気筒を設置
・既に下地の劣化が進んでいる場所
・湿気の多い場所
・人が頻繁に歩く場所(脱気筒を設置するため)

 

メンテナンス時期や補修方法は?DIYでできる?

既存物件の場合、やはり補修方法について気になるオーナー様も多いでしょう。場合によってはDIYでメンテナンスしてしまう方も少なくありません。ここでは、メンテナンス時期の判断ポイントや劣化現象について紹介します。

メンテナンス時期の判断ポイント&劣化現象

ウレタン防水の主な劣化現象は下の5つです。それぞれ原因やもたらされる問題について解説します。

塗膜の剥がれや摩耗

歩行が多い場所などでは塗膜がだんだんすり減ってしまいます。そのまま放置してしまうと、塗膜自体が剥がれてしまうことも少なくありません。また、塗膜が薄くなればその分正常な防水機能はなくなるため、早急な塗り替えなどが必要です。

塗膜の膨れ

密着工法の場合、下地コンクリートの湿気を排出できず防水層の下に溜まるため、蒸発し塗膜が部分的に膨れてしまうことがあります。また、防水層が劣化して水が侵入しても同じような現象が起きます。膨れが起きてすぐには雨漏りの直接的な原因にはなりませんが、伸縮を繰り返すことで耐久性が下がり、ひび割れや破断のリスクが高まります。

塗膜のひび割れ・破断

日射熱を直接受ける場所においては、防水層は常に温度による伸縮が起こりやすい状況下にあります。耐久性が落ちて下地コンクリートや伸縮目地の下処理が不十分であったりすると、その部分から防水層が追従できなくなりひび割れを起こし、最終的には破断してしまいます。大きなひび割れや破断は雨漏りの直接的な原因となりうるため、早めの処置が必要です。

塗膜の膨潤劣化

膨潤劣化とは、排水ドレンやパラペット(立ち上がり部分)など水が溜まりやすい場所で起こりやすい現象です。そのような箇所は常に湿気が多い状況になりやすく、水を含んだ防水塗膜が膨らんで波打ってきてしまうです。そのまま放置すれば、加水分解を起こし防水性を維持できません。早急な補修が必要なだけではなく、再発生を防ぐための根本的な見直しが必要です。

紫外線によるトップコートの風化

こちらは最も軽度な劣化現象ですが、放置すると防水層劣化の要因につながり、最悪の場合は防水層を根本からやり直さなくてはいけなくなってしまいます。主な風化現象は、チョーキング(表面が粉状になる)や苔・藻の発生、摩耗などです。また、これらの現象がなくても5年程度に一度塗り替えをすることで、防水層の耐久性をより保つことができるため、トップコート塗り替えをおすすめします。

これらの現象を見つけた時は既にメンテナンス時期を迎えているということになります。補修費用を最小限に抑えるためには、大きな不具合が起こらないようにトップコートの定期メンテナンスをすることが重要です。メンテナンス周期は使用するトップコート材によって異なりますが、シリコーン系の材料を使えば長持ちが期待できます。


ウレタン防水は部分補修できる?DIYについても

ウレタン防水は塗装によって防水層を形成するため、劣化症状が軽度であれば部分補修は十分可能です。しかし、部分補修で改善できるかの判断は一般の方では難しく、綿密な現状調査が必要なため、安易にDIYで対応することは危険です。また、劣化が進んで既に防水層下まで水が侵入している場合や、劣化範囲が広い場合は、補修ではなく全面的なやりかえが必要な場合が多いでしょう。ここで、DIYで部分補修をするリスクを紹介します。想定できるデメリットは下の3つです。

・防水工事は一般的な塗装剤(塗料)よりも材料の扱いや施工の難易度が高い。
・ホームセンターで簡単に購入できる材料を使うと、防水層が剥がれてしまう可能性がある。
・その後の不具合についてメーカーや施工会社の保証を受けられなくなる。

これらの理由から、コストを抑えようとして安易に自らの手で防水補修に挑戦することはとても危険と言えるでしょう。元は小さな不具合でも、補修方法を間違えると大きな問題に発展してしまう可能性は十分あるためです。補修が必要であろう箇所を見つけても、DIYでは応急処置に留めて手は加えずに速やかにプロへ相談してください。下記コラムでは、応急処置方法を紹介しています。是非合わせてご覧ください。

 

大規模改修工事の工程は?

マンションやビルで大規模な改修工事を行う場合、住民やテナント様への配慮が必要となるため、工程を理解しておくことは重要です。そこで、ここでは大まかな工程を紹介します。流れを知っておくことで、臨機応変な対応を取ることができます。ぜひ、大規模改修工事を検討中の方は参考にしてください。

仮設工事 ・養生及び足場設置
・清掃
1〜3日程度
下地工事 下記工事を必要に応じて実施
・コンクリート伸縮目地の撤去及びシーリング充填
・排水ドレン周りの補修
・下地コンクリートの剥がれ・ひび割れ補修
3〜5日程度
防水工事 ・プライマー塗布
・通気緩衝シートの設置
・補強布の設置
・防水塗料の塗布(2回以上)
3〜5日程度
(硬化期間含む)
仕上げ工事 ・トップコート塗布 1〜3日程度
(硬化期間含む)
仮設工事 ・養生及び足場撤去
・完了検査
・清掃
1〜3日程度
※現場の状態や規模によって工事内容・工期は変動いたします。

 

工事店はどうやって選ぶ?業者選びに困ったら関防協へご相談を!

工事会社を選ぶのに不安を感じる方は、ぜひ関東防水監理事業協同組合(関防協)へお気軽にご相談ください。当協同組合は、主に関東にある防水改修の会社で形成されているグループです。東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬の関東地域に限らず、山梨・静岡・長野・新潟にも支部があり、計191社の正会員がおります(2019年11月時点)。また、年々進化し続けている防水工事についての教育活動も行なっており、適切な調査や提案ができる「防水改修調査診断員」の育成を実施しています。そのため、安心して防水トラブルについてご相談いただけます。当HPではマップ上での施工店検索もできるため、地域密着型の信頼できる業者をお探しの方は、ぜひご利用ください。また、下記コラムでは業者選びのポイントについて詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

 

まとめ|ウレタン防水は小まめなメンテナンスで長持ちする

今回は、汎用的で多くのアパート・マンションやビルに採用されているウレタン防水工事について詳しく解説しました。施主様も工法について特徴や手順について知っておけば、不安を感じずに工事会社と打ち合わせを進められます。そして、劣化現象を理解しておけば、大掛かりな補修工事を未然に防げる場合も多いでしょう。DIYでの無理なメンテナンスはせずに、異変を見つけたら速やかにプロへ相談することをおすすめします。「どこに連絡していいか分からない」そんな方は、ぜひ関東防水管理事業協同組合のネットワークで信頼できる工事店を探してみてください。都道府県別に登録業者を検索できるため、近くの工事店を簡単に見つけられます。少しでも防水に不安や不満を感じている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

こちらもおすすめ!暑さや寒さ対策にも活躍する防水工事

防水リフォーム工事を検討中の方におすすすめなのが、「サーモコントロール断熱改修」です。屋上からの熱気や冷気を防水層で軽減できる上に耐久性も高く、空調機器の使用量を減らすこともできるため、省エネという観点からも注目されています。実際に施工されたお客様の声も紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

https://youtu.be/n2dXLbvlXG4