シート防水とは?工法&工期の種類や補修方法について徹底解説


シート防水というと、皆さんはどんなイメージを持たれているでしょうか?防水工事の中でも広い屋上などに用いられることが多く、耐久性とコストのバランスがよいのが特徴です。しかし、具体的なメリット・デメリットや、工事手順までご存知の方は多くないでしょう。そこで、今回はシート防水工事について、特徴から基本の工程、メンテナンス時期の判断基準などを解説します。みなさんもお持ちの物件やお住まいがシート防水の方は、ぜひ参考にしてください。


シート防水とはどんな工事?メリット・デメリットは?

シート防水とは、下地の上に塩化ビニール製などの防水シートを敷き詰めて固定し、防水層を形成する防水工事です。ウレタン塗膜防水とは異なり、工場生産された防水シートを使うため施工ムラができにくく安定した性能を発揮できます。また、簡易的な歩行に耐えられ、広い範囲を短時間で施工できるため、ビルやマンションの屋上によく施工されています。

最大のメリットは、工法によっては下地の影響を受けにくいという点と広い面積を短期間で施工できるということです。ただし、狭い場所や複雑な形状の場所への施工は逆に時間がかかり、シートの隙間などから漏水するリスクも高まってしまいます。また、機械を使う工法においては作業音が気になる場合もあり、密集地での施工や集合住宅での施工の際は事前に周囲への説明などが不可欠です。そんなシート防水には主に2つの工法があります。では、それぞれの特徴を紹介しましょう。

接着工法

接着工法とは、躯体に直接接着剤で防水シートを貼り付ける方法です。シートとシートつなぎ目は溶着材による溶着または熱処理で融着させるため、高い防水性を確保できます。工期が短く、人の歩行する場所や紫外線を受けやすい場所、鳥害の影響がある場所への施工に適しています。しかし、躯体の影響を直接受けるため、平らでない場所や既に雨漏りが発生している場所、湿気の多い場所、雨漏りはしていないが下地の劣化が激しい場所には是正しない限り施工できません。

機械的固定工法

「機械的固定工法」とは、別名・脱気工法とも呼ばれており、固定ディスクと呼ばれる円盤状のパーツで防水シートを固定する工法です。下地に直接接着する方法とは異なり、下地の影響を受けにくく湿気なども脱気筒から排出できるのが特徴です。そのため、コンクリートに含まれる水蒸気による膨れを防ぐため、建物への影響が少ない工法です。また、既存の防水層上からカバー施工できるのも特徴です、多くの改修現場にも採用されています。


工法を選ぶポイントは?接着工法と機械式固定工法の違いは?

現場ごとに、接着工法と機械的固定工法のどちらが適しているは施工会社の判断に任せることになりますが、施主様も基礎的知識を理解しておけば、後悔なく工事を進めることができます。そこで、ここでは工法選びのポイントについて紹介します。

工法 防水層の構成 工期 コスト 施工に適さない場所
接着工法 既存下地
プライマー・樹脂モルタル
接着剤
防水シート
接合部・端末部のシール

安価
・既存防水層がある場合
・湿気の多い場所や下地の劣化が進んでいる場所
・既に雨漏りしている場所
機械的固定工法 既存下地
プライマー・樹脂モルタル
絶縁シート
固定ディスク
防水シート
接合部・端末部のシール
※使用する防水シートによって脱気筒を設置する場合も

乾燥時間が不要なため短期間
・騒音問題が起こりそうな密集地など


シート防水は、どちらの工法についてもある程度広い場所での施工が条件になり高い耐久性を確保できますが、最近では下地の影響を受けにくく短期間で工事が完了する「機械的固定工法」が主流になっています。そのため、コスト面での条件がない限り施工会社もこちらをすすめるケースが多いです。ただし、現場の状況などによって接着工法を提案される場合もあるため、施主様側も双方の工法を理解しておいた方が良いでしょう。


メンテナンス時期や劣化現象は?

新築の場合以外は、やはり補修方法について気になるオーナー様も多いでしょう。しかし、どのような現象が雨漏りの原因になるか分かりにくいです。そこで、ここでは一般的に起こりうる劣化現象について紹介します。

シート防水で起こる劣化現象

シート防水の主な劣化現象は下の5つです。それぞれ原因やもたらされる問題について解説します。

防水シートの破断

鋭利なものがぶつかったりすると丈夫な防水シートでも傷がつき破断してしまう可能性があります。その場合は破断箇所から水が侵入してしまうため、早急なメンテナンスが必要です。施工会社であれば部分張り替えも可能なため、他の部分の劣化がなければ全体を改修する必要はありません。

防水シート立上り部端部の剥がれ

防水シートの立上り部端部は、専用金物で押さえてあっても、シートのめくれによって浮いてくる場合もあります。気付きにくい現象ですが、端部からは水が入りやすいため、定期的に点検を行い被害が大きくなる前に処置する必要があるでしょう。

防水シートジョイント部の劣化

特に紫外線や雨風の影響を受けやすい場所で、シートジョイント部の溶着が劣化して隙間が開いてくる場合があります。シート自体には問題がなくても、継ぎ目から水が侵入してしまうので注意が必要です。熱圧着している場合でもジョイント部についても、同じく劣化を定期的に確認することをおすすめします。

防水シートの膨れ

機械的固定工法の場合はシート下の湿気を逃がすことができますが、接着工法の場合は元々コンクリートに含まれていた湿気や、どこかから侵入した雨水が熱で温められて水蒸気となりそれが原因でシートが部分的に膨らんでくる現象が起こります。膨れ箇所も部分的破断と同様に施工会社であれば部分張り替えも可能です。しかし、根本的な解決にはならず再発の恐れもあるため、膨れを見つけた段階で機械的固定工法など別の方法に変えることも検討しましょう。

防水シートの硬化・収縮

日射熱を直接受ける屋上において、防水層は常に温度による影響を受けやすい状況下にあります。いくら耐久性の高いシート防水だと言っても、やはり紫外線の影響は大きく、表面が変色したり細かい亀裂が発生します。また、塩ビシート防水材は経年劣化により硬化・収縮するため、このような現象が見られる場合には全体的な改修が必要となります。

これらの現象を見つけた時は既に大なり小なりメンテナンス時期を迎えているということになります。補修費用を最小限に抑えるためには、定期的な目視による確認が重要です。一般の方でも見つけやすい劣化現象もありますが、危険な場所の場合は必ずプロに現地調査を依頼しましょう。


シート防水はDIYで補修できる?

コストを削減する目的で、DIYでの補修を試みるからもいらっしゃるかもしれません。また、劣化箇所を見つけたら、慌てて何かしたくなってしまう方も多いでしょう。しかし、一般の方が部分撤去などをしてしまうと深刻なトラブルに発展してしまう可能性もあります。シート防水はシートを連結して大きな防水層を形成しているため、一部でも無駄に傷をつけてしまうと雨漏りなどがひどくなるリスクがあるためです。特にシートのつなぎ目や端末の処理は、専門的な知識と技術が必要なため、一般の方が安易にDIYで対応することは危険なので避けましょう。また、既に下地まで雨水などの影響を受けている可能性もあるため、シーリング(コーキング)などで闇雲に破断箇所などを埋めてしまうのもおすすめしません。

元は小さな不具合でも、補修方法を間違えると大きな問題に発展してしまう可能性は十分あります。補修が必要であろう箇所を見つけても、DIYでは応急処置に留め、安易に手は加えずに速やかにプロへ相談してください。下記コラムでは、応急処置方法を紹介しています。是非合わせてご覧ください。

 

大規模改修工事は「かぶせ工法」がおすすめ

特にマンションやビルでの大規模改修工事においては、短期間で水準の高い施工を行うことが重要になります。改修工事には主に2種類の方法があります。

・撤去工事
・かぶせ(再生、カバー)工事

まず、「撤去工事」は既存の防水層を全て撤去して、その上から新たに防水層を形成する方法です。一度新築の状態に戻すため、既存の工法にとらわれず新たな防水工法を選べます。しかし、「撤去工事」が発生するためコストが高くなり工期も長引きます。それに比べて、「かぶせ工事」は既存防水層の劣化している部分のみを撤去し、下地調整を施した上に新規の防水層をかぶせる方法です。そのため、余分な撤去工事が必要なくコスト面でも工期面でもメリットが多いです。また、騒音やホコリも軽減できるため、密集地などでの施工にも適しています。そのため、最近では「かぶせ工事」が主流となりつつあります。ただし、現状によってはかぶせ工事ができない場合もありますので、必ずプロの現況調査を受けるようにしましょう。

 

カバー(かぶせ)工法の工程は?

マンションやビルで大規模な改修工事を行う場合、住民やテナント様への配慮が必要となるため、工程を理解しておくことは重要です。特にカバー工法は工程がイメージしにくいかもしれません。そこで、ここでは大まかな工程を紹介します。流れを知っておくことで、臨機応変な対応を取ることができます。ぜひ、大規模改修工事を検討中の方は参考にしてください。

  共通工事 接着工法 機械的固定工法
仮設工事 ・養生及び足場設置
・清掃
   
下地工事 ・劣化が激しい場所の撤去
・樹脂モルタルなどの塗布
   
防水工事   ・塩ビシート接着 ・塩ビシート固定
仕上げ工事 ・シートジョイント部の溶着
・端末などのシール処理
・押さえ金物などの取り付け
   
仮設工事 ・養生及び足場撤去
・完了検査
・清掃
   

 

工事店はどうやって選ぶ?業者選びに困ったら関防協へご相談を!

工事会社を選ぶのに不安を感じる方は、ぜひ関東防水監理事業協同組合(関防協)へお気軽にご相談ください。当協同組合は、主に関東にある防水改修の会社で形成されているグループです。東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬の関東地域に限らず、山梨・静岡・長野・新潟にも支部があり、計191社の正会員がおります(2019年11月時点)。また、年々進化し続けている防水工事についての教育活動も行なっており、適切な調査や提案ができる「防水改修調査診断員」の育成を実施しています。そのため、安心して防水トラブルについてご相談いただけます。当HPではマップ上での施工店検索もできるため、地域密着型の信頼できる業者をお探しの方は、ぜひご利用ください。また、下記コラムでは業者選びのポイントについて詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

 

まとめ|シート防水は耐久性に優れた防水方法

今回は、マンションやビルに採用されているシート防水工事について詳しく解説しました。接着工法と機械的固定工法それぞれの特徴や手順について知っておけば、工事会社とも適正な価格や工期についての打ち合わせをスムーズに勧められます。そして、劣化現象を把握しておくことで大掛かりな補修工事を未然に防げる場合も多いでしょう。DIYでの無理なメンテナンスはせずに、異変を見つけたら速やかにプロへ相談することをおすすめします。「どこに連絡していいか分からない」そんな方は、ぜひ関東防水管理事業協同組合のネットワークで信頼できる工事店を探してみてください。都道府県別に登録業者を検索できるため、近くの工事店を簡単に見つけられます。少しでも防水に不安や不満を感じている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

こちらもおすすめ!暑さや寒さ対策にも活躍する防水工事

防水リフォーム工事を検討中の方におすすすめなのが、「サーモコントロール断熱改修」です。屋上からの熱気や冷気を防水層で軽減できる上に耐久性も高く、空調機器の使用量を減らすこともできるため、省エネという観点からも注目されています。実際に施工されたお客様の声も紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

https://youtu.be/n2dXLbvlXG4